安慶名城跡〜登る(その1)

安慶名城跡へ登る階段は、岩を並べて作られています。この階段をどんどん登っていきます。

石の階段

階段の横は、こういう風に木がたくさん生い茂っています。

木がたくさん!

階段を登ると、道は右と左に分かれており、左側の道は下にある写真のようにさらに左右に分かれています。

2つに分かれた道

頂上を目指すには、右の階段を行くことになるので、右を登っていきます。

階段

階段の途中には、右側に大川按司のお墓があります。

大川按司のお墓

さらに上に上がると休憩するためのベンチが設置されていました。

ベンチ

ベンチを通り過ぎて、さらに上にトンネルのような城門「内郭の城門」があります。

内郭の城門

門の中はこのようになっています。内郭の城門は、自然の岩をくりぬいて作られたそうです。

城門の中

城門の右側の壁。四角に切った岩を積み重ねて造られているのがよく分かります。

城門の壁

城門をくぐったあとも道が右と左に分かれています。ここは右にある広場。

右にある広場

右の広場には下のようなものがあります。これはベンチ。

ベンチ

石碑。「天帯子御世(てんたいしうゆう)安慶名宇志仁大主(あげなうしじんうふぬし)中が世丑(うし)のみふし」と書かれています。

石碑

ここは拝むところ。拝所と呼ばれてます。右の広場には2つありました。

拝所

拝所

城壁には1つ穴がありました。

穴

右の広場から見た景色。

右の広場から見た景色

安慶名城跡〜登る(その2)

とっても可愛い、小さなガジュマル

木の精霊(キジムナー)が宿り、多くの幸福をもたらすと言われています。【観葉植物 アジアン ...

サイトMENU

Copyright (C) 2007 安慶名中央公園へGO!All Rights Reserved.